/

この記事は会員限定です

カインズ、課題解決イベントで集客 次世代型店舗に

[有料会員限定]

ホームセンター大手のカインズは、地域課題の解決を通じて周辺エリアと店舗の関係を強化する。「まちと組む」という意味の「くみまち構想」で防災や教育など幅広いテーマのイベントを開いて人を呼び込む狙いだ。業界内での競争が激しくなるなか、商圏との新たな関係づくりで競争力を高める。すでに試行を始めており、構想を本格的に具体化する新たな店舗を2024~25年をめどに開業する。

くみまち構想では地域が抱える課題を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン