/

この記事は会員限定です

岡山県奈義町、民間と共同で宅地整備検討

[有料会員限定]

高い出生率で知られる岡山県北東部の奈義町は町への人口流入を促すため民間企業と共同での宅地整備を検討する。町中心部に新たに約4.5ヘクタールの土地を確保、分譲や賃貸住宅などの利用を計画している。資金面に加えて企業のもつ運営ノウハウも導入し魅力ある住環境を創出する。

奥正親町長は「分譲だけにすると年齢層に偏りが出る。各世代をバランスよく増やしたい」として、賃貸住宅も織り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン