/

関西電力、大飯原発3号機が営業運転入り

関西電力は30日、大飯原発3号機(福井県おおい町)が定期検査を終え、営業運転に入ったと発表した。福井県内にある関電の原発では他に、大飯4号機と高浜原発3、4号機(高浜町)、運転開始から44年を超えた美浜原発3号機(美浜町)が稼働しており、5基が同時に営業運転するのは2011年7月以来、約10年ぶり。

大飯3号機では、20年7月からの定検で、蒸気発生器周辺の配管の溶接部分に深さ約4.6ミリの傷が見つかり、運転再開が遅れた。関電は溶接時に熱が加わって金属が硬くなり、ひび割れが起きたと推定し、傷があった配管を交換。7月3日に原子炉を起動し、定検の最終段階となる調整運転を続けていた。

大飯3、4号機を巡っては、大阪地裁が昨年12月、国の設置許可を取り消す判決を出し、国が控訴して係争中。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン