/

この記事は会員限定です

埼玉の旧草加松原団地、独協大学施設などで交流再生狙う

[有料会員限定]

かつて「東洋一のマンモス団地」といわれた埼玉県草加市の旧草加松原団地が大きく変わろうとしている。旧団地は都市再生機構(UR)が高層化したうえで集約済みで、空いた跡地には民間住宅などが開発され、今後も新たな住民が流入する見通し。旧団地で水害などを経て育まれていたという住民同士の「緩やかな連帯」をどう再構築していくか、地域には新たな課題も生まれている。

松原団地は旧日本住宅公団が造成した賃貸住宅で1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン