/

ほくほくFGと富山第一銀行の4~6月、純利益増加

北陸銀行と北海道銀行を傘下に持つほくほくフィナンシャルグループ(FG)が30日に発表した2021年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比56%増の77億円だった。貸倒引当金などの与信費用の減少やバックオフィスの効率化などが利益を押し上げた。

ほくほくFG傘下の北陸銀行

北陸銀行の単独税引き利益は73%増の55億円だった。資金利益や役務取引等利益が増えたほか、人件費が減少した。

富山第一銀行が同日発表した21年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期の3.3倍の25億円だった。有価証券の利回りが改善して資金利益が増えたほか、投資信託の販売手数料など役務取引等利益が回復した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン