/

この記事は会員限定です

めぶきFGの秋野哲也社長「データ人材育て改革推進」

[有料会員限定]

常陽銀行と足利銀行を傘下に置くめぶきフィナンシャルグループ(FG)が発足7年目を迎えた。経営統合以降、傘下行のシステム統合などを進めてきたが、6月就任した秋野哲也社長は「構造改革に終わりはない」と話す。グループ内のデジタル化や、物価高が直撃する地域企業支援など今後のかじ取りについて聞いた。

――統合後の構造改革の進捗をどう見ていますか。

「グループ発足に伴う拠点再編やシステム統合などは一段落した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません