/

横浜市の山中市長「連携が最重要」 知事と対談

横浜市の山中竹春市長は30日、神奈川県の黒岩祐治知事を訪問し、市長就任について報告した。黒岩知事は「ぜひ頑張ってほしい」と激励。山中氏は「きちっと連携させていただきたい。効率的・効果的な施策をうつことが重要だ」と述べ、新型コロナウイルス対策などでの連携を訴えた。

山中氏は「国、県、市と連携することが最も重要だ」と強調。就任後に取り組みたい事項としてコロナ対策とカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致撤回を挙げ、IRについて黒岩氏は基礎自治体の判断を尊重する意向を改めて示した。

黒岩氏は会談後に記者団の質問に応じ、山中氏が以前から県のヘルスケア関連の政策に関与しており、県の政策に理解が得られているとして「大変心強く思った」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン