/

この記事は会員限定です

マツダ、26年3月期の営業利益率6%視野 電動化原資に

[有料会員限定]

マツダは30日、2026年3月期の売上高営業利益率について、6%台を視野に入れていると明らかにした。新たな中期経営計画では5%を目標にしていたが、電動化投資の原資を確保するためにさらなる固定費の抑制に取り組む。

古賀亮取締役専務執行役員は同日開いた報道機関向け説明会で「売上高の目標が4兆5000億円なので、利益率が6%なら営業利益が3000億円くらいになる。3000億円というのは電動化を考えると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません