/

八十二銀、純利益2.6倍の109億円 21年4~6月

八十二銀行が30日発表した2021年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.6倍の109億円となった。銀行単体の税引き利益も2.6倍の98億円だった。前年同期にあった大口取引先の与信関係費用が減り、貸倒引当金の戻入益が発生して採算が改善した。

単体のコア業務純益(投資信託解約損益を除く)は97億円と14%増加した。貸出金利息は減ったものの、人件費が減ったほか、投資信託の販売に伴う手数料などの役務取引等利益が伸びた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン