/

知事とさいたま市長、埼玉高速鉄道延伸で会談

意見交換した埼玉県の大野知事㊨とさいたま市の清水市長㊧

埼玉県の大野元裕知事とさいたま市の清水勇人市長は30日、埼玉高速鉄道(地下鉄7号線)の延伸実現に向けた意見交換会を開き、早期の実現を目指して県と市が密接に連携して協働で取り組みを進めることで合意した。今年度に新設する両者の部長級会議で重要事項について調整を進める。

埼玉高速鉄道などの鉄道事業者が延伸を国に申請する際は、事前に地元自治体が事業者に事業化を要請する手続きが必要となる。意見交換会では、県と市が鉄道事業者への要請に向けて、計画素案の作成のほか中間駅のまちづくりを具体化させる取り組みを推進するとした。

この日の意見交換会は非公開。終了後、取材に応じた両者は具体的な要請時期について「部長級会議で具体的に示す」(清水市長)と述べるにとどめた。大野知事は「きょう示された市長の熱意やスピード感を持って進める姿勢に積極的に協力したい。可能な限り早期に実現することを望む」と話した。

また大野知事はさいたま市に対して「まちづくりの課題解決の具体的な進め方や市の上位計画にどのように位置づけていくのか整理してほしい」と要請したことも明らかにした。大野知事は自らが埼玉高速鉄道の会長である立場から「要請をいつでもうけることは可能」との姿勢を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン