/

横浜銀行、信用保証書電子化 信用保証協会と連携

横浜銀行は30日、神奈川県信用保証協会、横浜市信用保証協会、川崎市信用保証協会と連携し、5月6日から信用保証書の発行を電子化すると発表した。対象は横浜銀の一部店舗から依頼された同日以降の保証承諾分。信用保証書の電子化は県内金融機関では初めて。電子化により融資実行までの期間が1~2日程度短縮できる。

現在は専用用紙に印刷した信用保証書を郵送や対面での手渡しでやりとりしている。電子化によりクラウド上で発行した当日に確認できるようになる。事務負担や紛失リスクも低減できるという。

横浜銀行ではまず3店舗からスタートし、融資を取り扱う全店舗で順次導入する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン