/

東京都「育業」ロゴマーク策定 国や企業と普及活動

東京都は30日、育児休業の取得促進に向けた愛称「育業(いくぎょう)」を普及するためにロゴマークを策定したと発表した。賛同する企業などが自由に利用できるようにする。国や企業と連携した育業の推進キャンペーンも展開し、育児休業の取得促進を強化する。

同日、小池百合子知事が発表した。ロゴは衝撃吸収力にすぐれた六角形の組み合わせで、中心部に赤ちゃんの笑顔をあしらった。周囲が全体で育業を支えられるようなコンセプトとしたという。

ロゴの決定にあわせた普及活動として、「サラリーマン川柳コンクール」で知られる第一生命保険は「『育業』川柳コンクール」を実施。ベネッセが運営する妊娠、出産などの情報媒体「たまひよ」と連携したキャンペーン、国と連携したオンライン講座などを企画する。

都は6月に育児休業のイメージ刷新などを目指して募集した愛称として「育業」を決定。10月に改正育児・介護休業法が施行されることを踏まえ、普及活動を強化する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン