/

この記事は会員限定です

宇都宮LRTが開業再延期 「暫定」運行で公費負担減も

[有料会員限定]

宇都宮市と栃木県芳賀町が進める次世代型路面電車(LRT)の開業が一部区間の工事の遅れにより、予定していた2023年3月から数カ月遅れる見通しとなった。運行会社宇都宮ライトレールの人件費など追加支援が避けられない。公費での負担を抑えつつ、沿線住民らの期待にこたえられる、次善の策を検討する必要がある。

芳賀・宇都宮LRT(宇都宮LRT)はJR宇都宮駅東口から芳賀町にある工業団地まで14.6キロメート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン