/

この記事は会員限定です

狭山丘陵「トトロの森」、人材不足と収入減で管理に苦心

潜望展望

[有料会員限定]

宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」のモデルになった狭山丘陵(埼玉県、東京都)の環境保全団体「トトロのふるさと基金」(埼玉県所沢市)が、取得した森林「トトロの森」の管理に苦心している。1990年の団体創設から30年以上が経過したが、取得地が増える中で活動に関わる人材の不足や収入の減少が続き、管理が行き届きにくくなっている。

東西11キロ、南北4キロ、約3500万平方メートルに及ぶ狭山丘陵は埼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン