/

広島市、64歳以下にワクチン接種券 7月1日から送付

広島市は30日、12歳から64歳までの市民を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種について、7月1日から接種券の送付を順次始めると発表した。対象となるのは約77万人で、14日までには全員に接種券が届く見通し。基礎疾患がある人や福祉施設で働く職員などの予約を優先的に受け付け、7月初旬から接種を開始する。

優先対象ではない市民は7月31日以降に予約ができ、早ければ8月初旬から接種が受けられる。広島市は広島駅周辺や市内中心部にある商業施設に新たな集団接種会場を設置し、平日の夕方から夜間にかけての接種体制を強化する。働く世代が仕事帰りなどに接種を受けやすくする狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン