/

この記事は会員限定です

静岡市に住む魅力再発見 地域おこし協力隊の小林氏

静岡 きらり人財

[有料会員限定]

「静岡市は良いところだとただ言い続けているだけでは響かない」。静岡市の地域おこし協力隊員、小林大輝さん(32)はこう話す。新型コロナウイルス禍でも、首都圏から静岡市への移住機運はさほど高まっていないとみる。「どういう人を対象に活動するかを絞り込んで、具体的な価値を訴えないといけない」と強調する。

同市がこれまで委嘱した地域おこし協力隊員の活動の場は山間部などの人口減少地域に限られていた。小林さんは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン