/

この記事は会員限定です

オープンデータ先進地の北信越 消火栓の場所など公開

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越では人口統計など自治体が持つデータを二次利用できる「オープンデータ」の取り組みが進んでいる。2022年1月時点で全市町村がデータ提供している全国10府県のうち、4県を北信越が占めた。福井県は17年12月時点で県内自治体の公開サイトの開設率が9割を超えていたほか、長野県はこの5年間で急速に公開が進んだ。

「これからはオープンデータだ。鯖江でもやりませんか」。jig.jp(福井県鯖江市)の創業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン