/

この記事は会員限定です

介護のこぐれ 学校形式、認知症の高齢者ケアに新機軸

[有料会員限定]

前橋市でデイサービス(通所介護)を運営する介護のこぐれ(同市)は認知症の高齢者らに学校形式の授業を行っている。昔の記憶に働きかけて脳を刺激するためか、1人でトイレに行けるようになるなど生活の質が改善した利用者もいるという。同社は認知症高齢者の介護にもたらした新機軸を広げたい考えだ。

「気をつけ、礼」。黒板のある部屋でチャイムが鳴ると日直の担当者が号令をかけた。小学校の教室のようだが集まっているのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン