日本セラミック、欧米・アジアにセンサー輸出 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

日本セラミック、欧米・アジアにセンサー輸出

地域発世界へ 鳥取県

[有料会員限定]

日本セラミック(日セラ)は日常生活で活躍する様々なセンサーを手掛ける。防犯に使う赤外線センサーなどが国内外で人気を集め、連結売上高に占める海外比率は4割を超える。部品の内製化で品質を高め、きめ細かな顧客対応にも力を注いできた。足元では自動車の電動化需要を捉え、車載向け電流センサーの販売が伸びている。

「キーデバイス(基幹部品)となるホール素子を内製化するセンサーメーカーは世界でも数社しかない」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません