/

徳島県に「サテライト小学校」 エデューレエルシーエー

小学校運営のエデューレエルシーエー(相模原市)は30日、徳島県海陽町と牟岐町にあるコワーキングスペースを活用して、同社が運営するLCA国際小学校(同)の児童向けに「サテライトスクール」を実施すると発表した。希望する児童は現地に滞在しながら、オンラインでの遠隔授業と現地での体験型授業に参加できる。保護者は仕事と休暇を両立するワーケーションに活用できるという。

第1弾は6月12~17日に児童20人、保護者合わせて47人の規模で開催する。保護者は事務手数料のほか、移動費や滞在費を負担する必要がある。現地で児童は、午前中に相模原市の同小学校の授業をオンラインで受け、午後は藍染め体験やかき養殖場の見学など徳島県ならではの体験ができる。放課後には地元の小学生など地域の人との交流も予定している。

同校は新型コロナウイルス禍以降、ICT(情報通信技術)授業を導入してきた。対面か遠隔かを自由に選べる「ハイフレックス型授業」として徳島県での遠隔授業を昨年度に実証実験したが、今年度から本格導入する。年度内にさらに2回程度実施する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン