/

水戸黄門漫遊マラソンはオンラインに 感染拡大に配慮

水戸市は10月31日に開催予定だった「第6回水戸黄門漫遊マラソン」をオンライン大会に切り替えると発表した。新型コロナウイルスの感染収束が見込めず、参加者を一斉に集めての開催は困難と判断した。既に登録している18歳以上(高校生除く)の約9500人のみ参加できる。

オンライン大会では10月18~31日の予定で、スマートフォンアプリで計測しながら好きな時期と場所に計42.195キロメートルのフルマラソンを走る。参加賞としてオリジナルTシャツを10月中旬に発送し、完走者には印籠を模した記念メダルを贈呈する。タイムなどによる順位付けや表彰は行わない。

同マラソンは例年、中心市街地や千波湖をフルマラソン、5キロ、3キロのコースで走る。2019年は約1万4000人が出場したが20年は募集前にコロナ禍で中止を決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン