/

NTT東と長野県や信州大、DX人材育成で連携

NTT東日本と長野県、信州大学はデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するための人材育成に共同で取り組むと発表した。まず、学生向けにデジタル技術の基礎や実践を学べるオンライン講座を開設。将来的には社会人や自治体職員などに受講対象を広げていきたい考えだ。

オンライン講座のコンテンツはNTT東が提供する。8月に信州大と長野県工科短期大学校の学生向けに講座を開く。あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)などの基礎を学べるほか、実際にアプリを作成するといった実習も行う。

長野県の阿部守一知事は「様々な分野でDXを進めていくうえで多くの人が知識や経験を持つことが不可欠」と述べ、デジタル人材の育成を加速していきたい考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン