/

この記事は会員限定です

「交通拠点」から「交流拠点」へ JR千葉支社が実証実験

[有料会員限定]

JR東日本千葉支社は千葉駅の改札内に、地域交流を促す実証実験の場を設けた。分かりにくい行政サービスの活用方法を市役所職員が教えたり、来場者の好みにあうお薦めの本を専門家が選書するなど多様なサービスを用意。高齢者が地域との接点を持てるきっかけの場とすることで「交通の拠点」から「交流の拠点」への変革を目指す。

名称は「まちとつながるステーション in 千葉駅」。千葉市のほか、淑徳大学コミュニティ政策学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン