/

この記事は会員限定です

テレワーク環境、全国首位の東北 拠点整備に補助金も

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

自宅や貸しオフィスでのテレワークに適した環境があるかどうかを日本経済新聞社が分析・採点したところ、全国8ブロックで東北が首位だった。住宅面積の広さや通信インフラの整備で得点が高く、自治体別では山形県と青森県、宮城県の4市が全国10位以内に入った。補助金制度の導入などでテレワーカー誘致や「ワーケーション」の推進に力を入れ、地域の活性化につなげようとしている。

全国8ブロックの平均点を見ると、東北は公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン