/

この記事は会員限定です

埼玉県の自治体、自宅療養者支援を強化 計器や食料配布

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染「第5波」による感染者数の急増を受け、埼玉県内の自治体が自宅療養者の支援を強化している。血中の酸素飽和度を測る「パルスオキシメーター」や食料の無償配布が主な柱だ。県や県の保健所、委託先の業務が逼迫し、療養者への対応に遅れが目立ってきていることが背景にある。

狭山市は16日から、新型コロナの自宅療養者に食料や日用品、パルスオキシメーター、酸素濃縮器などを配布する市独自の支援...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン