/

プラモデル、劣化防ぐ茶箱で保管 模型のプラッツが販売

模型製造のプラッツ(静岡市)が、茶を保存する目的で本来作られる木製の箱をプラモデルの保管用に販売を始めた。価格は1万4080円。防湿や防虫などの劣化を防ぐ効果があり、プラモデルの愛好家向けに売り込む。

プラモデルの保管箱「安堵」は杉板同士をくぎを使わずニカワでつなぎ、内側をブリキ加工してあるのが特徴だ。大きさは約60センチメートル×39センチ×47センチで、30キログラムの茶葉が入る大きさだという。プラッツの通販サイトで販売する。

製茶問屋向けに茶箱を製造する企業、市川製箱業(静岡市)が製造する。プラッツの担当者は「買ったプラモデルの箱をそのままタンスなどに積む『積みプラ』をしている人が多いと思う。茶箱の新たな使い方の提案になれば」と話している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン