/

アルピコグループ、長門牧場と提携 観光や乳製品販売

アルピコホールディングス(長野県松本市)傘下のアルピコリゾート&ライフ(同茅野市)は、長野県長和町が出資する長門牧場と包括連携協定を結んだ。長門牧場が生産するチーズやヨーグルトといった乳製品をアルピコグループで販売するほか、観光誘客などでも連携する。

長門牧場の乳製品をアルピコリゾート&ライフなどが管理する蓼科高原の別荘地などへ配送販売する。アルピコグループが運営する食品スーパーやホテル、高速道路のサービスエリアなどでも取り扱う。両社が連携して新商品の開発も進める。長門牧場に長野県内外から観光客を呼び込むための旅行商品などもつくる。

アルピコリゾート&ライフは蓼科高原で不動産やレジャー、ゴルフ場運営などを手掛ける。長門牧場との連携により、蓼科・八ケ岳地域の活性化につなげたい考えで、アルピコHDの曲渕文昭会長は「観光事業などは新型コロナウイルス禍に苦しんできたが、反転攻勢をかける第1弾にしたい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン