/

この記事は会員限定です

マツダ、つながる車データでEV開発 無料期間10年に

[有料会員限定]

マツダはコネクテッド車(つながる車)からのデータを活用した電気自動車(EV)開発の効率化に取り組む。電池が劣化しやすい使用環境を分析して開発に生かすほか、劣化を防ぐ使い方を把握できるようにする。コネクテッドサービスの一部機能を10年間無料とすることで、多くのユーザーからデータを集める体制を構築し、次世代モデルの品質を高める循環を生み出す。

マツダは30日、コネクテッドサービスの料金プランを改定す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン