/

この記事は会員限定です

遠藤製作所、DXで生産改革 データ蓄積で稼働率向上

[有料会員限定]

金属加工などを手掛ける遠藤製作所はDX(デジタルトランスフォーメーション)による生産改革を進める。OA機器部品などを生産するメタルスリーブ事業について、工作機械の加工状態や作業日報などのデータを蓄積・活用するシステムを構築した。機械の稼働率を高めるほか、故障の低減などにもつなげる。将来的にはゴルフなど他事業にも広げて収益力を高める。

遠藤製作所は金属の鍛造と塑性加工の技術を活用して、ゴルフクラブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン