/

この記事は会員限定です

SDGs「金利に影響も」富山第一銀行・野村頭取

北陸 トップの視点

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上がたち、製造業の回復は比較的早かったが、飲食業や宿泊業などは時間がかかっている。マイナス金利の影響で収益環境も依然厳しい状況が続く中、地元企業のSDGs(持続可能な開発目標)への適応支援など、地銀にはコロナ禍後に取り組むべき課題も少なくない。地域金融の現状について、富山第一銀行の野村充頭取に聞いた。

――コロナウイルスの感染拡大から来年で2年になります。

「業種によって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1281文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン