/

この記事は会員限定です

埋没防げ 富山県西部の観光、クリエーターに照準

[有料会員限定]

富山県西部6市のDMO(観光地経営組織)「富山県西部観光社 水と匠(たくみ)」が本格的に始動した。6月に寺を使ったテレワークスペースを設けたほか、10月には水田地帯に宿泊施設を開く。同エリアは立山黒部アルペンルートがある富山県東部や隣接する金沢市に比べ、観光客の認知度が低い。地元の工芸や文化を訴え、アートやデザインに関わるクリエーターを誘う。

県西部の南砺市にある善徳寺。戦後間もなく、民芸運動の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン