/

この記事は会員限定です

北関東路線価、再開発地で伸び鈍化 飲食店街下落目立つ

[有料会員限定]

関東信越国税局は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2021年分の路線価(1月1日時点)を発表した。北関東3県は新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞で、再開発地域でも伸びの鈍化がみられた。飲食店街などで地価下落が目立つ。つくばエクスプレス(TX)沿線など東京への通勤圏では伸び率を維持する地域もあった。

栃木県の最高路線価トップは20年に続き周辺の再開発が進むJR宇都宮駅東口駅前ロータリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン