/

浜松CATVと静岡県袋井市、無線通信の整備で協定

協定を結んだ袋井市の大場規之市長㊧と浜松CATVの中村捷二社長

浜松ケーブルテレビ(CATV、浜松市)と静岡県袋井市は、地域広帯域移動無線アクセス(BWA)を使った無線インターネット網の整備で連携協定を結んだ。袋井市内2カ所に基地局を設け、10月から市民向けにネット接続サービスを提供する。市は防災や農業への活用法も探る。

地域BWAは防災情報など地域の公共サービス向上やネット環境が整わない地域の解消を目指す無線システム。通信速度が比較的速く、1つの基地局で半径2~3キロメートルと広域をカバーできるのが特徴だ。浜松CATVはまず袋井市役所と市浅羽支所の屋上に基地局を設ける。

袋井市は河川や海岸の遠隔監視などに通信網を生かす。地域BWAは通信量の制限がなく、画像や映像など大容量のデータを送受信する場合に向くという。ICT(情報通信技術)を使うスマート農業などへの活用も視野に入れ、早期に実証実験する考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン