/

三菱地所、広島市内の全ビルを再エネ由来に

三菱地所は29日、広島市内に持つオフィスビル全3棟の電力を7月1日から再生可能エネルギー由来にすると発表した。対象物件の電力使用量は2021年度実績で一般世帯1170世帯分に相当する497万キロワット時。中国電力の再生可能エネルギー発電所でつくられた電気と、化石燃料由来の電気でないことを示す「非化石証書」を組み合わせて中国電から調達する。

CO2削減量は年間2200トンの見込み。三菱地所が市内に保有するのは広島パークビル、新広島ビルディングの2棟と、NHK広島放送センタービルの持ち分。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン