/

この記事は会員限定です

長野県の地銀「1行体制」に、地元経済界には期待と不安

八十二銀・長野銀統合へ 信州経済に波紋㊥

[有料会員限定]

「まったく予想していなかったので本当にびっくりした」。長野銀行と同じく長野県松本市を地盤とする松本信用金庫の鶴見明夫理事長は驚きを隠さない。一方で「(長野銀が)県外資本などと組むよりも、相手が八十二銀行であれば少しは安心できる」とも打ち明ける。八十二銀の松下正樹頭取が28日の記者会見で「信金はライバルというよりも共創の関係」と話したことも心強く感じているという。

長野県の金融業界は長く八十二銀行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン