/

群馬銀行、元行員の再雇用制度を拡大 「卒業生」に門戸

群馬銀行は29日、転職や起業などを理由に中途退職した元行員を再雇用の対象とする「アルムナイ(卒業生)採用制度」を12月1日から導入すると発表した。これまでの再雇用制度は退職理由が結婚や出産、育児や介護などに限られていた。銀行以外で磨いたスキルを持つ元行員を、専門人材や即戦力として確保する狙い。

これまでの再雇用制度は退職理由のほか、同行での勤続年数や離職期間、年齢などの条件があり、結果的には女性の活用がほとんどだったという。それらの条件を廃止し、希望者は広く受け付けて選考を行うこととした。

群馬銀ではここ10年間で約800人が中途退職しているという。「退職者にこちらからコンタクトできないのはもったいない。戻ってこられるように仕組みを作っておく」(同行の後藤明弘常務)ことで、外部でスキルを磨いた元行員にも門戸を開く。

今後は、退職した人と銀行がつながりを持ち続ける「アルムナイネットワーク」の構築を検討している。深井彰彦頭取は「中途退職者は銀行とは違う場所でいろいろ経験しているうえ、銀行の業務にも理解があり、戦力になりやすい」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません