/

渋沢栄一テーマのパン フジパン、深谷商業高校らと開発

フジパン(名古屋市)は、深谷商業高校(埼玉県深谷市)や日本薬科大学(同県伊奈町)ら4校と連携し、深谷市出身の実業家、渋沢栄一をテーマにした菓子パンを学生と共同開発した。10月から11月まで、関東、東北、中部エリアのスーパーやドラッグストアで販売する。

渋沢の功績や歴史を学びながら1年ほど試作を重ね、2種類を開発した。好物だったという、さつまいもを使用したパン「幸せさつ抹茶」(オープン価格。参考小売価格124円)は深谷商業高校ビジネス部の学生が企画。「さつまいもあんの甘さや抹茶生地の濃さにこだわった」(同校2年の宮下愛琉さん)といい、東都大学(深谷市)の学生も栄養面でサポートした。

シナモンの香りが特徴の「りんごのケーキ~タルトタタン風」(同126円)は渋沢が晩年を過ごした東京都北区の順天高校の学生5人が企画した。使節団の一員としてパリ万博に足を運んだ点に着目し、フランスの伝統菓子をイメージした。同校2年の篠田実希さんは「渋沢栄一やゆかりのある王子、深谷について興味を持ってもらえたら」と話す。

地域の偉人である渋沢の歴史を知ってもらおうと2020年9月、日本薬科大などが産官学連携の「渋沢栄一プロジェクト」を発足。商品開発を通じて学生に歴史や食について考える機会を提供し、地域振興にも役立てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン