/

福井県、県版「GoToトラベル」を近隣県に拡張

福井県は29日、県民対象の観光振興策「ふくいdeお得キャンペーン」を12月以降に近隣府県にも拡大すると発表した。対象府県の同意を前提に、準備が整い次第始めるという。国の「GoToトラベル」が再開すれば、県独自の補助上乗せキャンペーンに切り替える。2021年度12月補正予算案に約4億2千万円を計上した。12月分は既決予算で対応する。

県内で宿泊する場合、5千円を上限に旅行代金の半額を補助するほか、県内観光施設で使える2千~3千円のクーポン券を贈る。上限を平日1万円、休日5千円とした県民向け補助も継続する。同日会見した杉本達治知事は「越前がにのシーズンで、絶好の機会。非常にいいタイミングだ。まずは石川、岐阜、滋賀、京都の隣接府県と富山から始めたい」と話した。

国のGoToトラベルが再開された場合、通常のキャンペーンに上乗せし、3千円を上限に県内宿泊旅行の代金の10分の1を県が負担する制度に切り替える。県は計約89億円分の経済効果があると試算している。

飲食店向け支援の県版GoToイートは販売期間を22年1月末まで、利用期間は2月末まで延長する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン