/

この記事は会員限定です

関東の品種登録、茨城のナシ1玉8640円 輸出市場も拓く

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関東圏の1都7県で自治体や農協による農産物の登録品種数(2021年9月末時点)は1994年度に比べて138件増えた。最も増えたのが農業産出額が全国3位の茨城の34件。同4位の千葉は25件増だった。各産地は主力作物を中心に栽培手法や味に磨きをかけ、海外市場開拓という役割にも期待をかける。

データで読む地域再生

茨城県では県農業総合センター(笠間市)の生物工学研究所が県独自の品種を開発してきた。11年に品種登録されたナシが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1855文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン