/

JR四国、10月鉄道収入41%増 コロナ禍前の水準に近づく

JR四国は29日、10月の鉄道事業の運輸取扱収入が26億円と、前年同月比で41%増だったと発表した。政府の観光促進策「全国旅行支援」が利用者数を押し上げ、新型コロナウイルス禍前の2019年と比べると約1割減の水準まで回復した。

地域別では、本州―四国間は約6割増の15億円、四国内は約2割増の5億円だった。コロナ禍前の19年と比較すると、いずれも2割減となっている。

本州と四国を結ぶ瀬戸大橋線では10月の1日あたりの利用者数は約1万7000人だった。19年と比べると2割減の水準だが、20年春以降の単月で比較した場合、コロナ禍以前の水準に最も近い。

西牧世博社長は記者会見で「本州―四国間の利用状況が好調だ。政府の旅行支援策は減額されても良いので、長期間にわたって続けてほしい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません