/

ラボたま、岩手銀行のマノルダいわてと協定締結 

埼玉りそな銀行のまちづくり支援会社「地域デザインラボさいたま(ラボたま)」は29日、岩手銀行の地域商社「manorda(マノルダ)いわて」と同日付で持続可能な社会の構築に関する協定を締結したと発表した。両者の持つノウハウを共有し、地域の困りごと支援を加速させる。

地域活性化や創業支援、人材の交流・育成などの分野で連携する。企業版ふるさと納税を財源とした地域課題解決策の企画や立案のほか、観光地域づくり法人(DMO)の設立支援や事業継続に関する知見を共有する。地域を越えたビジネスマッチングや営業代行を通して、顧客の成長を後押しする。

ラボたまとマノルダいわては銀行の業務範囲拡大の一環として金融庁が設ける「銀行業高度化等会社」で、それぞれ埼玉りそな銀行と岩手銀行の完全子会社。ラボたまは今年10月、マノルダいわては2020年4月に設立された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン