/

この記事は会員限定です

ジヤトコの未来技術センター、企画から評価 一気通貫で

ふじのくに戦略拠点

[有料会員限定]

自動車変速機大手のジヤトコ(静岡県富士市)は5月、横浜市内で開かれた自動車関連のイベントで電気自動車(EV)の基幹装置「eアクスル」を2030年に年間500万台生産する計画を明らかにした。25年までに量産を開始する予定で開発を加速している。

同社のEV戦略のけん引役を担うのがリニューアルを経て3月に本格稼働した「未来技術センター」(同市)だ。EV時代の本格到来に備え、新製品の企画から試作、評価ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り921文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン