/

小田急、江の島・鎌倉の電子フリー券 「MaaS」推進

小田急電鉄は30日、「デジタル江の島・鎌倉フリーパス」を発売する。小田急線の藤沢駅―片瀬江ノ島駅間と江ノ島電鉄が運行する江ノ電の全線が1日乗り放題で、周辺の寺院・カフェなどの優待をセットにした。藤沢駅までの小田急線の往復乗車券も割引になる。同社は箱根や丹沢・大山で電子フリー券を先行導入しており、注力する3エリアでのデジタル化が完了するという。

次世代移動サービス「MaaS(マース)」のアプリ「EMot」や同名のウェブサイトで取り扱う。スマートフォンなどから購入し、画面を提示して利用する。大人料金は新宿発が1520円で、藤沢発は660円。アプリ上で現在地や周辺の優待施設を表示するなど利便性を高めた。

一方、既存の電子チケットの品ぞろえも拡充する。江ノ島電鉄の1日乗車券のデジタル版に子供向けを追加する。観光ポータルサイト「江の島・鎌倉ナビ」は刷新し、地域の混雑状況などを確認できるようにするという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン