/

「ガルパン」の世界、コーヒーやカップに サザが新商品

サザコーヒーホールディングス(HD、茨城県ひたちなか市)は同県大洗町を舞台に女子高生が「戦車道」に励むアニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」とのコラボ商品を拡充する。作品の世界観を生かしたコーヒーの新商品に加え、カステラとマグカップを追加。鈴木太郎社長は「地元の新しいお土産にしたい」としている。

9月29日に発売したコーヒーは、ガルパンの主人公らが通う「大洗女子学園」と対決する「継続高校」のモチーフとなったフィンランドで好まれる風味を意識。エチオピアやケニアの豆を使い、浅煎りで香りの強い味に仕上げた。5パック入りが1000円、200㌘入りが1500円。作中の学校をモチーフとしたコーヒーは5シリーズ目となる。

作中の「サンダース大付属高校」が長崎県にあるという設定に着目した「サンダースのカステラ」(1500円)も発売。ドラム缶型のマグカップ(3100円)には主人公が所属する「あんこうチーム」のマークと、作品にならい「SAZA COFFEE」ならぬ「ZAZA COFFEE」の刻印を入れた。

同社は茨城や東京で喫茶店を運営する。ガルパン放映後は作中にも登場する大洗店にガルパンファンが多く訪れ、鈴木社長も映画を見てファンになったという。「大洗まいわい市場」を運営するOaraiクリエイティブマネジメント(同町)の常盤良彦社長は発表会で「温かいおもてなしのサザコーヒーに大洗を盛り上げてほしい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン