/

静岡銀・山梨中銀、富士山保全の私募債

静岡銀行山梨中央銀行は29日、顧客が発行した私募債の手数料の一部を富士山保全のために初めて寄付した。静岡銀の顧客4社と山梨中銀の顧客3社が発行した私募債「FUJIBON(フジボン)」発行額の0・2%にあたる計130万円を認定NPO法人の富士山世界遺産国民会議が運営する「富士山基金」に寄付した。フジボンは両行の提携を記念し、4月から募集を始めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン