/

東北の10月有効求人倍率、横ばいの1.41倍

東北6県の労働局が29日に発表した東北6県の10月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月から横ばいの1.41倍だった。岩手、秋田、青森、山形の4県がそれぞれ上昇し、宮城県は横ばいだった。福島県は下落に転じた。

青森は1.19倍となり、同県では2019年12月以来の高い水準となった。宿泊・飲食サービス業の求人が前年同月から約3割増えており、全体の求人数を押し上げた。

東北6県の有効求人倍率は前年同月に比べて0.11ポイント高いものの、全国平均の前年同月からの上昇幅(0.19ポイント)は下回っている。東日本大震災で被災した県を中心に、建設業の求人数の減少が目立っている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません