/

埼玉・大野知事、ワクチン首都圏優先配分を河野大臣に要望

埼玉県の大野元裕知事は28日、河野太郎規制改革相とオンラインで会談し、新型コロナウイルスワクチンを感染再拡大の予兆が見られる首都圏に厚く配分することを要望した。今後のワクチンの配分計画を示し、市町村が希望するワクチン量を送付することや自治体の大規模接種会場に対して最優先でワクチンを配分することなどを訴えた。

会談後取材に応じた大野知事は、首都圏への優先配分について河野大臣から職域接種が進んでいるため二の次になるとの説明を受けたとし、「東京と埼玉は同じに考えてほしくない。埼玉は中小企業が多いので、職域接種も申請ベースで多いわけではない。集団接種の要望と人口との割合を見ながら考えてほしい」と伝えたと明らかにした。

埼玉県内の感染状況については「リバウンドが始まったと考えている」との見方を示した。まん延防止等重点措置の対象となっているさいたま市と川口市で相対的に増えているとし、「特に首都圏に近いところが少し感染を引き起こす要因になっている可能性がある」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン