/

この記事は会員限定です

緑川酒造、ウイスキー樽熟成の日本酒を商品化

信越企業 攻めの一手

[有料会員限定]

日本酒「緑川」の蔵元、緑川酒造(新潟県魚沼市)はウイスキー樽(たる)で熟成した日本酒の新ブランドを立ち上げた。7月に第1弾の販売を開始。熟成・ブレンドで味に深みを出すというウイスキーに通じる自社の酒造りの象徴と位置づける。コロナ禍で日本酒の消費が減る中、業界に新たな風を吹き込む。

立ち上げたブランドの名称は「緑川 カスクコレクション」。第1弾として純米酒「マスター・ブリュワーズ・セレクト」を発売し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン