/

デクセリアルズ、栃木・下野市の本社に交流施設

電子部材メーカーのデクセリアルズは、栃木県下野市の本社敷地内に「レセプション棟」を新設すると発表した。ホールや展示コーナーを備えた社内外の交流の場として活用する。すでに着工しており、2023年春の完成を見込む。

「レセプション棟」は2階建てで建築面積は1299平方メートル、延べ床面積は2045平方メートル。同社は21年7月に東京都品川区から現在の場所に本社を移転しており、新型コロナウイルス禍の終息も見据えて本社としての機能を強化する考えだ。

同社はソニー(現ソニーグループ)の化学子会社が前身。2012年に傘下を離れ、現在の社名で事業を始めてから10月で10年を迎える。新家由久社長は「引き続き、テクノロジーの進化を支える製品やソリューションを提供し、持続的な成長をめざす」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン