/

この記事は会員限定です

福島・西会津町、デジタル化で脱過疎へ メタバース連携

東奔北走

[有料会員限定]

福島県西会津町がデジタル技術を生かした活性化を加速している。ICT(情報通信技術)教育などに続き、北海道森町を始めとする全国3町と連携し、メタバース(仮想空間)技術を活用したまちづくりも始めた。時間と距離の制約を受けないデジタル技術は過疎化対策としても期待される。山あいの小さな町の挑戦は注目を集めそうだ。

4月12日、メタバース上の会議室に西会津町、森町と滋賀県日野町、鹿児島県肝付町の4町長やデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン